正月太り解消法!体重を減らす食事と太る食べ方の違い

ダイエットといえば、空腹に耐えることだと思いますよね。

ところが、食べて痩せる方法があるんです。

その逆で、太ってしまう食べ方もあります。

スポンサーリンク

餅は太らない!

正月の定番料理、何が太る原因だと思いますか?

餅が原因だと考える人が多いです。

3食、餅だけを食べて3日間生活したら、どれくらい太ってしまうのか。

1食で、餅を6個食べます。

結構な量ですけど、餅だけでお腹をいっぱいにするわけですから、ペロっといっちゃいます。

餅をたらふく食べて3日間過ごしたところ・・・

太ったのは、1kg。

思ったより増えなかったです。

餅以外に、正月太りの原因となるのが、糖分の高いおせち料理。

正月太りの平均と夏と冬の体重差や食欲を抑える方法
正月太りの解消法! 正月に、何キロくらい太ってしまうものなのでしょうか。 夏よりも冬の方が簡単に体重って増えますよね・・・ ...
空腹を紛らわす3つの方法とお腹が鳴る理由
もうすぐしたら食事の時間。 だから少しの間、空腹を我慢したい。 そんな時に使える方法があります。 そして、なぜお腹が空くと...

太る食べ方

食後は満腹感があります。

だけど、すぐお腹が空いて食べたくなるってこと、ありませんか?

ポイントは、血糖値。

食べ始めるとすぐに血糖値が上昇。

餅はご飯と比べて1gあたりの炭水化物の量が多いため、血糖値が上がりやすいです。

血糖値が急激に上がると、血糖値を下げようとインスリンが大量に分泌。

結果、血糖値が下がりすぎてしまい、空腹を感じます。

血糖値が上がって、インスリンがたくさん出て、血糖値が下がると、血液の中の糖が中性脂肪に合成されて脂肪になってしまいます。

餅だけでは短期間に急激に太ることはありません。

しかし、餅を食べることでインスリンを出て、中性脂肪が合成される・・・という、脂肪を溜め込みやすい流れを作り出すってことです。

「血糖値を急激に上げる食べ物を食べること」が太る食べ方なのです。

スポンサーリンク

体重を減らす食事

インスリンが大量に出て、一気に血糖値が下がる状態が太りやすいわけなので、そうしなければいいのです。

つまり、血糖値を上昇させない食事をする。

食事で血糖値が緩やかに上がる、上がってもそんなに上がらない、もしくは血糖値に変化無し、という食事を続けると、脳は少ない食事量でも満腹だと感じるようになります。

空腹を感じずに済むので、つらくないんです。

しかも、血糖値に変化が少ないということは、インスリンが大量に分泌されることもなく、中性脂肪が合成されにくいってこと。

太りにくいのです。

血糖値を上げない食事を続けると、いつしか、むしろ食べるのがしんどくなるくらいに。

だらだら食べるってことが出来ません。

なぜなら、満腹感が続くから。

カロリーの計算も大事。

しかし、それ以上に、血糖値を気にした食事作りが、ダイエットに効果的なのです。

血糖値を上げない食べ物と飲み物や食べ方のコツで簡単ダイエット!
血糖値を上げない食事はどういうものなのでしょうか。 空腹に耐えるダイエットはつらいです。 空腹を感じないためには、血糖値を上げな...