簡単にやわらかい生姜焼きを作る方法で片栗粉をまぶす理由

豚の生姜焼きって、人気のおかずですよね。

焼きすぎて固くなってしまったり、肉が縮んでしまったり。

その悩みは、片栗粉をまぶすことで解消します!

スポンサーリンク

簡単にやわらかい生姜焼きを作る方法

固くなるのは、肉のせいだと思っていませんか?

ちょっと良い肉を買えば柔らかくなるんじゃないか。

もしくは、火加減の調節がポイントなのではないか。

いろいろ考えてしまいますけど、やわらかい生姜焼きを作るのは簡単なのです。

テクニックは必要ありません。

材料も、いつもの肉で大丈夫。

肉を焼く前に、片栗粉をまぶすだけです。

あとはいつも通りのレシピで生姜焼きを作ってみてください。

それだけで出来上がりが違うんです。

ソースの絡みも良くなりますし、肉も大きいまま。

しかも、片栗粉が肉を覆うので肉汁が流れ出ることも防げて、ジューシーな生姜焼きが作れます。

片栗粉をまぶしたか、まぶしてないかで、肉が変わったのかなってくらいに差が生まれるのは、なぜなのでしょうか。

片栗粉をまぶす理由

どんな肉でも65℃以上になると縮んでしまうんです。

しかし、焼く前に片栗粉を肉にまぶすと、肉の温度がゆるやかに上がっていくために、65℃を越えないように焼き上げやすいんです。

つまり、片栗粉がクッションの役目を果たしてくれるということ。

片栗粉のおかげで、熱が直接伝わらないため、肉の中心温度の上昇がゆっくりに。

なので、肉が65℃に達するまでの時間が長くなるのです。

試しに、片栗粉なしで肉を焼いてみます。

65℃を越えるまでの時間は2分でした。

今度は、片栗粉をまぶして、肉を焼いてみます。

2分経ってもまだ肉の温度は65℃に達していません。

この違いが、肉の美味しさにつながります。

ただ片栗粉をまぶすだけで、すごく違いますよ!

生姜焼きに限らず、片栗粉を使えば手頃な肉がおいしく焼けます。

スポンサーリンク

唐揚げには小麦粉か片栗粉か

小麦粉を使った唐揚げと片栗粉を使った唐揚げ。

どっちがサクサクすると思いますか?

正解は、片栗粉。

片栗粉は、ジャガイモからでん粉だけを抽出したもの。

小麦粉は小麦をただひいたものなので、タンパク質や脂質や食物繊維も含みます。

小麦粉の場合は、グルテンというタンパク質が頑丈な網目構造を形成するので、しっかりとした歯ごたえのある固い衣になります。

その点、片栗粉はでん粉が壊れやすい網目構造を形成するので、さくっと軽い食感の衣になるのです。

最近は、軽い食感が人気なので、唐揚げには片栗粉が使われることが多いです。

好みによって、使い分けてみてください\(^o^)/

中華料理で油通しをする理由や初心者も出来る野菜炒めを低カロリーにする意外な作り方
生の野菜を炒めるより油通しした方が低カロリーなのです。 そして、その油通しは大量の油を使わなくても家庭で出来る簡単な方法があります。 ...
超簡単にチーズケーキとバームクーヘンと今川焼きを卵焼き器で作るレシピ
家庭に一つがある四角い形をしたフライパンの卵焼き器。 卵焼きを作る以外に使うことはありますか? もし出番がなくて、ほとんどしまっ...
余ったおでんをリメイクで味を変えて飽きた残りの具を食べ切るアレンジレシピ
この料理を作りたいがために、おでんを作ることになること間違いなし! 余ったおでんをリメイクするのですが、単純にうどんを入れる程度じゃあ...